ヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染により皮膚や粘膜にピリピリとした痛みを伴う小さな水ぶくれやただれができる病気です。回し飲みやキスなどの接触感染、くしゃみなどの飛沫感染、性行為感染などが原因となって唇や外陰部にできることが多く、一度治っても疲れていたり紫外線を浴びたりすると再発を繰り返すという特徴があります。
治療は抗ヘルペス薬の内服や外用です。再発を繰り返す方は症状が出る前に違和感を感じることが多く、早めに治療を開始することで症状を軽くすることができるため、早めの受診をおすすめします。