いぼ

正式名称は尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜいといいます。ウイルス(HPV:ヒト乳頭腫ウイルス)によるイボ(疣贅)です。手や足の指、足の裏などにできやすく、抵抗力の低い子供に多く発症しますが、大人にできることもあります。通常、痛みなどの自覚症状はなく、やや硬く黒い点々(点状出血)が表面に見られることが多いです。治療をせずに放置すると数が増えたりサイズが大きくなったりします。また、見た目がウオノメによく似るため、問診でウオノメができたとおっしゃる方の多くがこの病気です。自己判断でウオノメの市販薬を使用すると悪化することがあります。人にうつることもあり、治療期間が長くかかるケースも多くあるので、早めの治療開始をおすすめしています。
当院では液体窒素による凍結治療、外用薬、漢方薬内服などの治療を行っています。当院で保険診療を行っても治りが悪い場合は、自費診療でモノクロロ酢酸の塗布やレーザー治療を行う場合があります。